気はあらゆるものに宿る。それを整え送るのが気功

気中国で古くから人々に用いられてきた健康法である『気功』。
ここ日本でも、積極的に『気功』による健康法を取り入れる人々も増えてきているようです。

しかし、『気功』とは、はっきりと目に見えるものではないので、実際何なのかよく分からず、疑心暗鬼な方も多いのではないかと思います。本場中国では市民権を得ている『気功』ですが、日本における認知度も理解も、まだまだといった所かもしれません。

実は、一言で『気功』と言っても、合気道などの格闘技にも用いられますし、その他、霊的な力などにも用いられます。そのため、これら気に対する認識がバラバラなのです。

しかし、気功の意味を解説していくと、気功とは気に関わる鍛錬のことを表しており、気とは流動的に変化をしていて、いろんな作用を起こすエネルギーのことを指すという事はハッキリしています。

つまり、『気』はあらゆるものに宿っていて、それを整えたり、人に送ったりするのが気功です。例えばヨガなどで用いられるチャクラは体に入ってくる気の流れを整えます。これも気功の一種です。自分の身体の中を流れる気の巡りを良くすることで健康に過ごすことができると言われています。

ストレス緩和に気功を

ストレスまた、気功は“内気功”“外気功”の2つに大別されます。

内気功は、自分自身で気を調節する方法です。
外気功は気功師が、相手に対して気を送る方法です。

私は、主に両方を使い分けたり混ぜたりして使用します。

それでは、ここからは『気功』がどのように私達に良い影響を与えてくれるのかについて簡単に説明します。

たとえばストレス。
人間は適度なストレスには、自分の持つチカラで対応することができるようになっていますが、過度なストレスを受けると、人間の自己治癒能力に大きく影響してしまうことが知られています。体がダメージを受けた状態になるわけです。
そのため、大きなストレスを受けた人と、そうでない人の寿命には大きな差が生まれることも分かってきています。

そんなとき、自分自身でストレスを発散することができ、都度リセットできるのであれば良いのですが、リフレッシュが上手くできない方には『気功』がおすすめです。
『気功』をうけることによって心身共にリラックスした状態を保つことができれば、健やかな毎日をおくる一助となります。

最近、少し疲れているなぁとか、イライラする事が多いなぁと感じているとき、一度『気功』を受けていただき、ご自身の内側からケアする事をおすすめいたします。

若返りに気功を

若返りに気功をもう一つ、『気功』の良い点があります。それは、若返りの効果です。

『気功』を体験していただくと、身体の細胞が気のチカラで目覚め、美容においても効果があるので、肌のツヤがよくなりハリが出てきます。
全身の「気」を調整することで、血流も改善していきます。『気功』を受けた方の多くが、施術中、眠気を感じるとおっしゃいます。これは、私の「気」で全身の血流が良くなったためです。

以上、簡単に『気功』のメリットについてまとめてみましたが、気功療法の目的は大きく3つに分けると、健身予防治療です。

  • 免疫力を高め、自然治癒力をアップさせる。
  • リラックス効果で心身のストレスを解消させる。
  • 経路の通りをよくして、気血を調和させる。
  • 大脳皮質の興奮を緩和し、内臓の働きを活性化させる。
  • 自律神経を整える。
  • 様々な潜在能力を開発する。

これらをバランスよく整えられるのが気功療法です。
今回の記事では、1と2について簡単に説明しましたので、次回以降では残りの目的について説明していきたいと思います。